愛犬の去勢を決断した理由。するしないより大事なこととは?

愛犬の去勢しようか迷うなぁ、、、
去勢後って元気ないの?
去勢したら太る?
病気になりやすくなる?

沢山悩みましたが、私は愛犬の去勢を行いました。
今日は去勢しようかお悩みの方へ、私が去勢することを選んだ理由とその後の変化をお伝えします。
大丈夫、愛犬のことを十分に考えた上での決断なら自信持ちましょ!!

去勢にまつわる真偽

去勢で得られるメリット

一般的に去勢の効果として下記のことが期待出来るとされています。

  • 発情期のストレスから解放してあげられる
  • 生殖器周りの病気の予防が出来る
  • マーキング予防になる

してもしなくてもどっちでも良いよーという意見もありますが、結構多くの飼い主さんが愛犬の去勢をしているように感じます。

メスの場合はヒートが来なくなるので、避妊によりお世話が少し楽になりますね。

太る?病気になる?倫理的な問題

じゃぁデメリットは無いのですか?というと、諸説ありますよね。
太ることはメジャーな問題として知られていますが、骨肉腫になりやすいというデータもあるようです。

他にも倫理的に問題があるとの指摘も。
もともと体に備わっている機能を、何も病気をしていないのに切除するわけですからね…
本来あった機能を強制的に排除することで、ホルモンバランスが崩れることになります。
そういう面では道徳的な問題があるとの見方にも納得できます。

ここで注意したいのは、病気になることと去勢手術の有無がどれだけ関係があるのか、はっきりしたことはまだ分かっていないということです。
私もBBを去勢するかどうか迷っている際に色々調べましたが、確定的なことはありませんでした。
骨肉腫になりやすいと言っても、それは去勢以外にも原因があるかもしれません。
育った環境や犬種、普段食べさせているドッグフードなどにより差が生じる可能性も十分考えられます。

ただ、こうしたリスクがあるのでそれを承知しておいてください、というくらいですね。

なぜ去勢に踏み切ったのか

去勢の影響は結局不透明だから

去勢がもたらすメリットとデメリットにざっと触れましたが、ここまでは飼い主の皆様ならご存じのことが多いと思います。

では、去勢するかどうするか。。。
私も相当悩みましたが、BBが生後7か月の頃に去勢に踏み切りました。

理由は、
去勢することにより他のトラブルが起きるかもしれないが、去勢を行ったことによる影響かどうか断定は出来ないから
です。

BBが年老いた時に何か病気になってしまったら、去勢のせいかも…と思うことがあるかもしれません。
でもそれって本当にそうなのかは分からないと思うんですよね。
去勢していてもしていなくても病気になる可能性はどんな犬にもありますし、あまり先のことを心配するよりは今飼い主として考えたベストな道を信じるしかない、と。

ですから、去勢することで防げる病気があるのならしておこうと決断しました。
もちろん病気の予防も絶対ではないですが、その時の私の考えでは去勢するのがBBにとってベストだという結論でした。

正直マーキングも癖がつくと困りますし、散歩途中でご近所に迷惑をかけることになります。
私は住宅街に住んでおり、たくさんの人と日々散歩中にすれ違います。
また、近くの河川敷では他の犬に会うことも多々あります。
もしオス特有の行動で他の人や犬に迷惑をかけるようなことがあれば、BBにとっても不幸な事態になってしまいます。
何かあってからでは怖いので、去勢をすることで過ごしやすくなるのではないかと考えました。

去勢手術予約~回復まで

予約は電話でOKな病院が多い

大体の動物病院は、去勢手術なら電話での予約でOKだと思います。
病院によっては一度来院して検診してから…というところもあるかもしれませんので、一応聞いてみましょう。

BBは直前にヘルニアになってしまっていたので、まずはその治療で通院していました。
一応完治しているかどうか最後に病院へ行った際に、ついでに去勢の予約をしましたよ。

私のかかりつけの動物病院は、手術は平日のみ。
こういうとき、自分の会社が自由に有給使える会社で良かったって思います。(笑)

去勢手術はそんなに時間がかからないみたいで、30分程度で終わるらしいです。
メスの避妊手術は開腹するのでもう少し時間がかかり、1日入院のケースがほとんどのようですね。

一応手術前の検診で言われたのが、
「タマタマが降りてきていない」
ということです。(笑)

え、どういうこと?!と思ったのですが、犬は成長とともにタマちゃんが下に降りてくるっぽいのです。
ですがBBの場合は片方のタマちゃんが降りてきておらず、足の付け根に埋もれたままになっていましたw
生後半年過ぎて降りてこなかったら、もう降りることはないだろうとのことでした。

また、「そけいヘルニア」の可能性があるとも言われました。
今はまだそんなに重大な状況ではないようでしたが、去勢手術のときに一緒に直すことにしました。

術後意外と元気だった

平日の金曜日の朝病院へ連れていき、その日の夕方迎えに行きました。

結構ぐったりしているかな~と想像していたのですが、私の顔を見て大はしゃぎ!!
めっちゃ元気でした。(笑)
そけいヘルニアは結局違ったらしく、一安心。
ついでに残っていた乳歯を抜いてもらいました。

先生からは傷口を舐めすぎないように注意していてね、と言われました。
普通カラーしてるんじゃないの?と思いましたが、カラーはなかったです。
普段から余計な治療はしない先生なので、多分カラーもわんこにとってはストレスになるからしていなかったんだと思います。

食事は今日は食べたがらないのが普通だけど、あげるとしても少しだけ、と言われて帰宅しました。
散歩は様子を見て動けそうなら連れて行って良いと言われました。

帰宅後はちょっと元気が無さそうで、寝たり起きたりを繰り返していたBB。
何か食べさせようかなと思いちゅーるをあげると…


急に元気になったwww


朝は食事を抜くように指示されていたので、その日初めての食べ物でした。
さすがにお腹が減っていたのかな?
大好きなちゅーるを食べた後、ボールで遊んでいました…。(ちょっとだけ)
飼い主としては手術直後くらいは大人しく寝ていて欲しかったけど、ぐったりされるよりはマシかと思い安心したのでした。

夜も特に体調の変化等はありませんでしたので、いつも通り一人で寝てもらいました。

翌日から元気モリモリ!

次の日からはもう完全回復といった調子で、いつも通り過ごしました。

激しい遊びや猛ダッシュなどはさせませんでしたが、普段通りの生活に戻りました。

わんこによっては数日間イマイチ調子が出ない子もいるみたいですが、BBは元気いっぱいなので良かった良かった。

ご飯も通常通り食べさせました。

去勢手術後の変化

片足上げおしっこ覚えちゃった

BBに覚えてほしくなかった片足上げおしっこをなぜか覚えました…

父曰く、散歩中に片足を上げておしっこをする他の犬をじーーっと見ていたらしいです。(笑)

オス犬と言えば片足を上げておしっこするんじゃないの?と私は最初思っていたのですが、ブリーダーさんに聞くとこれは後天的なものらしいのです。

他の犬がそうしているのを見て覚えることもあるとのことで、BBも他のわんこがそうしている姿に影響を受けたのかもしれません。

片足上げでのおしっこがなぜ問題なのか。
色々あると思うのですが、私が一番気にしているのは段差を利用してしまうところです。

トイレのトレーのフチの部分に片足をひっかけておしっこをするようになり、トレーの外に漏れてしまうことが多くなりました。
段差があった方が片足を上げるときに安定するんだろうか…(笑)

肥満は今のところ兆候なし

気になる肥満ですが、今のところ大丈夫そうです。
特に食事制限をしているわけでもないですし、むしろしっかり食べさせています。

散歩は一日2回で、一回の散歩時間は30分~40分です。
休日はトータルで3時間くらい散歩しています。
部屋の中ではボール遊びなどかなり走り回っておりますが、そのおかげか肥満状態にはなっていません。

今はまだ1歳で代謝も良いと思いますし、こういう健康への影響はもっと年齢を重ねてから出てくる問題なのかもしれません。

去勢をしたら太りやすくなるので、ドッグフードの量も控えなきゃいけないのかなと思っていましたが、そこはこれから様子見ですね。

マーキングもしない

ありがたいことにマーキングもしていません。
手術したのがマーキングという行為を覚える前の段階であったことも影響しているかもしれませんが…。
でも他の犬の排泄の痕跡はしっかりチェックしています。

手術後おすすめ商品

Alien Pet エリザベスカラー

ポンデライオンみたいな見た目でめっちゃ可愛い!(笑)

猫用エリザベスカラーでベストセラー1位の商品です。
あ、もちろん犬猫兼用ですよ!

サイズ展開も色々あるので、自分のわんこに合ったものを選ぶことが出来ます。
私は利用しませんでしたが、わんこによってはカラーが必要な子もいるかもしれません。
病院で貸してもらえるカラーは、なんとなく首が痛そうな感じがします…
最近は痛くない、わんこに優しいカラーがありますので、いざというときの為に1つ持っておいて損はないかもしれません。

うちは前飼っていた犬が怪我をした個所をいつも舐めまくって治らなかったのですが、そういうときカラーを買えば良かったんですよね…。
全然頭に無かった…。

いなば ちゅーる(とりささみバラエティ)

全ての犬の救世主と言っても過言ではないこのおやつ。

何かとお世話になっておりますm(__)m
最初に購入したのはBBはヘルニアになったとき。
固形のドッグフードが口に出来なかったのですが何か食べさせなきゃ!と思い、代わりにこのちゅーるをあげていました。

BBは本当にこのちゅーるが大好き。
ちゅるちゅる食べるのではなく、袋ごとガツガツ食べようとするくらいです。
ちゅーるがあればブラッシングの最中も大人しくしてくれます。

犬のお世話で何か困ったら、愛犬への賄賂としてかなり有効なおやつですよ!

さいごに -どんな決断でも構わない

河川敷で座るトイプードルブラック

愛犬を想えば想うほど、どうすることが正解なのか分からなくなるもんです。
私もこうしてブログにサラサラ書いていますが、去勢をするべきなのかどうかは、BBを迎える前から悩んでいました。

獣医さんも「そこは飼い主次第です」って言われるでしょうし、余計に判断が難しいです。
今後去勢手術によるわんこの体への影響がはっきりすれば道筋が見えてくると思いますが、今のところは飼い主が考えて決断するしかありません。

私は去勢するにせよしないにせよ、大切な愛犬のことを想って下した決断ならどちらでも良いと思っています。
犬は言葉を話すことが出来ないからこそ人間がよく考えてあげなくてはいけません。
でもそれで自分自身を思い詰めることはしなくて良いと考えています。

一番大事なのは去勢するかどうかではなく、去勢に関する色んなリスクや可能性をしっかり理解することではないでしょうか。
後から振り返った時、「あの時考えられることは全て考えたし、悩んだ末の決断だったんだ」と思えるならそれ以上考えこむ必要はないと思います。

犬と暮らす以上、周囲の方との付き合いもありますから、そのバランスもとった上で幸せなわんことの暮らしが実現出来る選択をしていきましょう!!

ブログ村に参加しています