【根拠不明】トイプードルは毛色で性格が違う説【気にしなくてOK】

トイプードル飼いたいなぁ・・・
毛の色は何色にしよう?
え、毛の色で性格が違うのか!!どうしよう、悩む・・・
だって性格が良くて、素直でいい子が来て欲しいもん…

↑こんな風にお悩みの方へ。お気持ちわかります。
私も同じことを心配していましたから!!(笑)

結論、全然気にする必要ありませんよ~という記事です
だって確かめようが無いですから!

大事なのは愛犬に向き合う気持ち。毛色で迷っている方は一度読んでみてください。

毛色で性格が違う説

性格・賢さ・運動神経の違い

一般的に言われているトイプードルの毛色とその性格をざっくりまとめました。
掲載されているサイトによって多少の違いはありますが、こんな感じかと。
結論、毛色で性格で違うというのは気にする必要のない説ですから、何でも良いんですけどねw

  • ホワイト
    プードルとして正統色なので、性格が安定している。
    甘えん坊で気が強い面があるだとか。
    社交的。
  • ブラック(我が家のBBやで!)
    ホワイトと同じく性格は安定している。
    賢く落ち着いており、運動神経が良い。
    神経質な部分がある。
    (…ってマジか。これだけ見たらかなり優秀。笑)
  • レッド
    人懐っこいが主張が強め。
    やんちゃ、天真爛漫でとにかく活発。
  • ブラウン
    人見知り。
    神経質な部分がある。
    マイペースらしい。
  • シルバー
    神経質。
    独立心が強い。
    (いつも行くトリミングサロンの看板犬はシルバーだけど、めっちゃ人懐っこいです。)

周りにいるトイプードル見ても、「いやいや!そんなことないよ!」と思う節は色々あると思います。
あくまでもネット上の情報ですが、こんな風に紹介されることが多いです。

この情報の問題点

情報元が不明

そもそも、コレ誰が言ったんですか?という問題。
似たような情報はあちこちにありますが、情報元がどこなのか正確に示しているものが無いように思います。
もしかすると、誰かが思ったことを書いたのがきっかけで、広まっていったのかもしれません。

実験として、全ての毛色のトイプードルをそれぞれ何百頭も集め、何年も追い続けていたのなら何か分かることもあると思います。
ただし、その犬の年齢や両親犬、性別、育った環境も調査してみる必要もありますね。
・・・ということで、実際はそこまでやるのはかなり不可能に近いです・・・。
そもそも、こんな実験やったことある人はいるんでしょうか。笑

例えトイプードルのブリーダーであっても、確証を持って主張出来る程のデータを蓄積している人はいないはず・・・
繁殖出来る数には限度があるでしょうし、何百頭も色んな色のトイプードルを管理するのは実現不可能ですからね。(汗

一般論として多くの記事にもなっている、毛色の違いによる性格等への影響。
でも実際はその情報が誰がいつ発信したものなのか、分かりません。
非常に不透明な情報だと言えます。

誰がどういうことを根拠に言ったのかも分からないような情報で毛色を決めるのって、もったいないですよね。
そういう情報に縛られることで、わんことのご縁がなくなってしまうかもしれませんし・・・。
子犬との出会いは常にワクワクするもの!
「そんな話もあるんだなぁ~」くらいに留めておきましょ!

その通りと主張する人を見たことがない

飼ったトイプードルが、一般的に言われている通りになった!!
・・・という方はあまり多くはないんじゃないかと思います。
性格ってなかなか一言でまとめるのは難しいですよね。

人間だって、陽気な面もあれば神経質になる面もある人は多いですし、状況によって様々な面が出てくるはずです。
色んな部分が複合的に絡み合って性格が出来上がるので、言われている通りになることはほぼ無いと考えていた方が良さそうです。

うちの子はホワイトだから~、レッドだから~・・・
と言って愛犬の性格を語る方は、私も見たことがありません。
これもまた、毛色で性格が違うという説を疑わざるを得ないです。笑

ほとんどのトイプードルの飼い主は、毛色で性格がどうのこうのという話にあまり重きを置いていないと思うんです。
もちろん飼い始めるときは気にされていたかもしれません。
でも、一緒に暮らしていたら段々その時の不安や期待は忘れていきます。

自分の愛犬はどんな性格なのか。
何が好きで何が苦手なのか。
どんなクセがあるのか・・・

このように「自分の犬」にフォーカスしていくようになります。
よって、毛色と性格の関係性を意識することもあまりないと考えられます。

私がもらったアドバイス

毛色だけで性格は決まらない

ここまで毛色と性格にまつわる諸説は信じなくて良いよ~と書いてきましたが、実は私も最初はめっちゃくちゃ気にしていました。

最終的にはご縁だったのですが、最初は毛色で性格や賢さが違うのなら真剣に考えないと!!と意気込んでいましたね。笑
今思えば小さなことに囚われていたなぁ…と思いますが、分からないうちはしょうがない!

ブリーダーとの仲介をされている方に相談したときのこと。
「毛色で性格が違うなんてことはない」
とハッキリ否定していただきました。
この時は、あっ!違うんだ!!とスッキリ。
ちょっと安心出来ました(^^)

その方は長くペット業界に携わっていらっしゃる方で、業界の裏話も多々ご存知です。
子犬の発育やブリーダーの事情も詳しかったので、個人的には信頼しています。
なにより愛犬のBBがヘルニアになったとき、夜中の0時に電話してしまった私の話を聞いてくださったので。笑

その方曰く、わんこの性格はやはり遺伝的要素もあるとのこと。
ですから、子犬一匹だけを見てその子がどんな性格の犬に成長するかを当てるのは難しいらしいです。
性格を判断するには、その子の両親犬をしっかり見ることがヒントの一つになると言われました。
そのお話を聞いて、毛色で性格が違うという話は信じなくても良さそうだと感じました。

黒のトイプードルと暮らしてみて

こちらを見上げるトイプードルブラック

性格を照合してみたけど・・・

以前別記事でも書きましたが、うちのBBも性格は色んな面があり、一言では言えません。
ネットではブラックのトイプードルは「賢い・運動神経が良い・落ち着きがある・・・」などと紹介されていますが、我が家のBBに落ち着きはないです。笑
賢い・運動神経が良いというのは、ブラックではなくても当てはまりますよね。

飼う前は結構気にしていた毛色と性格の関係性ですが、BBを迎えたらそんな話は全く気にならなくなりました。
むしろ、BBという犬がどんな性格なのかよく観察するようになりました。
愛犬の性格を理解することが、飼い主にとっても一番大切ですもんね。

プードルの毛色はまだまだ発展途上な色もあります。
ブラックは正統色(?)なので、ある程度性格が固まっている部分はあるかもしれません。
でも、よそのブラックの子と比べるとやっぱり違いはありますね。

さいごに -気にする必要はなし

伏せているモヒカンヘアのトイプードルブラック

結局、毛色と性格の関係性はハッキリしたものではありません。
ものすごく詳しい方なら「そんなことはない!」と思うかもしれませんが・・・
普通の生活をしている一個人が、毛色による性格の違いを見極めることは困難です。
ですから、言ってしまえば「考えてもしょうがない」というのが本音ですね。笑

それよりも、今から家に家族として迎えようとしている子犬の両親犬をチェックしたり、兄妹とのたわむれ方をチェックして性格を見極めた方が無難です。
見極め方に関しては、一番はブリーダーに聞くのがおすすめですね。
生後2ヶ月ごろになるとわりと特徴も出てくるのではないかと思います。

ご自身で勉強したい!という方は、下記の本がおすすめです。

訓練士を志す人が読みそうな本ではありますが、それだけあって内容はプロ級
わりとマニアックなことまで書いてあります。
一番参考になるのは子犬の選び方。
接したときの反応である程度判断出来るようです。

子犬の性格に応じた他のわんことの接し方や社会化トレーニングも、プロ目線で細かく解説されています。
これから子犬を迎える方も、もう迎えている方もおすすめ。
(後で判明したのですが、ヴィベケ・リーセさんは有名なドッグトレーナーでした)

とは言え見極めは簡単ではないと思いますので、ブリーダーや家族とお話しながら取り組むのが良さそうです。

色んな噂があり戸惑うことも多いですが、目の前にいる愛犬にしっかり向き合うことを第一として生活していきたいです。

ブログ村に参加しています